NDERF Home Page 現在のNDE あなたのNDEを語る

サミーの臨死体験。


体験の内容:

胸から腕やアゴにかけて少し痛みを伴う風邪の症状に悩まされていました。何も問題の見当たらない2枚の心電図を見せられた医者は、症状は悪性ウイルスによるものであるとカルテに書き込んだのでした。数週間経っても治らないので、再度心電図を撮り直し、心臓の負荷検査を受けることになりました。

この検査では、心電図の機械を装着してから、異なる速度でトレッドミルを歩行するように指示されました。テストの初期段階で、胸部をにぎりつぶされるような激しい痛みを感じました。それはまるで、私の胸を誰かが巨大な万力で締め付けているようでした。医師から大丈夫か、倒れそうかどうか聞かれたのは覚えていますが、トレッドミルか床に倒れた記憶はありません。

その後のことは、頭の中のイメージや感情を部分的に覚えているだけです。トンネルというか、チューブのようなところを音を立てて通過した記憶があります。チューブに入ったところや出たところは覚えてはいません。

次に覚えているのは、まばゆい光に引き寄せられている場面です。光に向かっていくと、最初の妻(NDERFからの注釈:筆者の最初の妻は亡くなっていました)が私を迎えてくれたのです。妻は私に会えたことを喜んでいましたが、私がそこにいる時が来ていないため、困惑していました。妻が自身の今の姿を気に入っていることが私には分かりました。妻がそのことを私に伝えてくれたかどうかは覚えていませんが、妻が幸せなことはちゃんと理解できました。

突然右旋回をしたかのような感じがして、気が付くと真っ青な青空が広がる心地よい緑にみちた草原のような場所に私は座り込んでいました。草、花やその他の植物があったかどうかははっきりとは覚えていません。その場所にいた誰かと、自分たちがそこにいる理由や私のこの世での使命について何時間も話し合ったのです。その時は、人生の意味についてすべて理解することができたのです。

今では、その会話の最後の部分しか思い出すことができません。会話の内容を忘れるなければならないことは、はっきりと理解することができます。今でも、夢の中ではあの時の会話を詳しく思い出せるのですが、目覚めると、記憶は消えてしまうのです。誰と何の話をしたかさえも思い出すことはできません。ですが、そこでは無償の愛と無限の英知を感じました。

先ほどお話ししたように、会話の中で思い出せるのはたった一つです。先ほど聞いたかのように、はっきりと覚えているのは、低い男性の声で「よし、お前は戻った方がいい。」と告げられたことだけです。

その言葉を聞いたと同時に、医療関係者が心臓に2度目の電気ショックを行っていました。私の魂は肉体に引き戻され、放心状態となりました。まるで、誰かが私の胸の中で小型爆弾を爆発させたかのような衝撃でした。私の目は飛び出したかのように感じられ、電気ショックを与えた人物の後頭部が見えました。医療関係者が心臓リズムの再構成を意味する「転換」という医学用語を口にするのが聞こえました。これで、2度目の電気ショックだと分かりました。負荷検査を行った医師から、電気ショックを2度行ったことを聞かされました。1度目のショックでは、私の心臓は正常には戻らなかったそうです。

それからまた眠りにつき、次に目を覚ました時は心臓疾患治療室にいました。

概要:

性別: 男性

臨死体験をした日付:1988年7月18日

体験時、命に関わる出来事がありましたか? はい 心臓麻痺

臨死体験詳細:

臨死体験中その出来事をどの様に感じましたか? ポジティブな体験

経験に影響を与えた可能性のある薬や薬はありますか? 分からない 医療関係者が私を蘇生しようと努力してくれている間に、数種類の薬が投与されたようですが、薬剤名や投与量は分かりません。

経験はどのような方法で夢のようでしたか? よく思い出せない点だけは夢のようですが、夢とは全く違うことだけは確かです。

体験に含まれていたもの: 体外離脱

意識が身体を離れる体験をしましたか? 分からない 覚えている限りでは、自分の身体を見ようともしなかったし、考えつきもしませんでした。

体験中に一番意識がハッキリしていたのはどの場面ですか? 記憶にあることは、すべてはっきりと鮮明に覚えています。

思考が速まりましたか?時間の流れが速まった、または遅くなったりしましたか? すべてが同時に起こっている様だった;時間が止まる、または時間の概念がなくなる        
何時間も草原で話をしました。ですが蘇生が行われていた時間は5分以下です。

聴覚は正常からどのようなに異なりましたか? トンネル内で聞こえた白色雑音。ラジオのスケルチがオープンになったり、海で波がない状態の海面の音に似ています。

超能力のように周囲の出来事が感じ取れましたか? 医師が2度目の電気ショックをしている姿を見たことだけです。

トンネル、またはそれに近いものを通りましたか? はい 高速でトンネルのような場所を通過したのを覚えています。

体験に含まれていたもの: 死去した人物の存在

死去した(または生存している)人物に出会いましたか? はい すでに亡くなっていた最初の妻に会いました。それから、高度な存在とその場所にいる理由と私のこの世での使命について話をしました。話をした存在がどのような姿かたちをしていたのかは全く思い出せません。もしかしたらその心臓発作の前から、その存在を知っていたかもしれませんが、よくは分かりません。

体験に含まれていたもの: 光

地球のものとは思えない光を見ましたか? はい 非常に明るく、言葉にできないほど美しい光を見ました。その光は明るかったけれども、見つめてもまぶしかったり、痛くはありませんでした。

体験に含まれていたもの: 都市・土地

地球以外の世界に行きましたか? あきらかに地球とは違う世界・次元

体験に含まれていたもの: 強い感情

体験中どんな感情を経験しましたか? 絶対的な優しさと愛情を感じました。説明するなら、母親が子供を愛するのが最も近いでしょうか。

体験に含まれていたもの: 特別な知識・認識

すべてを悟りましたか? 宇宙のことを悟った 私たちがこの世にいるのには理由があることを教えられました。私たちが理解しているよりももっとたくさんのことが人生にはあることを理解しました。ですが、肉体を持っている間はこのことを理解できないかもしれません。

未来の映像が見えましたか? 世界の未来 まれにですが、人生においてこれからどうすればよいか、はっきりとした方向性を感じることがあります。毎回、その気持ちを大事にしてきましたし、そうして正解でした。

境界線や壁・仕切りのようなものを見ましたか? いいえ

境界線のようなところまで行きましたか? 超える事を許されなかった境界線;強制的に現世に戻された 戻るか戻らないかの選択肢は自分にあったと確信しています。

神、スピリチュアル、宗教:

体験前、どの宗教を信仰していましたか? ほとんどの宗教を拒否してきました。最初の妻が亡くなってから、神とは距離を置いてきました。

その体験が原因で変わった価値観や信念はありますか? はい 臨死体験により、最初の妻を失った時の痛みや怒りはなくなりました。この世界を支配する強力な力に信頼を置けるようになりました。

今では以前よりもはるかにバランスの取れた生活を送っています。これまでは経済的豊かさや地位を追及することこそ人生の意義あることだと盲信してきました。しかし臨死体験をしてからというもの、そんなことには興味がなくなってしまいました。医者からは、「仕事を変えなければ、長くは生きられないし、今度は生き返ることはできないかもしれない」と忠告を受けました。結局、「大金」を稼ぐために職場に復帰しましたが、健康上の理由から上手くはいきませんでした。仕事はすでにどうでもよくなっていたので、自分にとってそのことも大して重要ではありませんでした。10月末には、真剣に退職を考え始めていました。

11月に、軍事施設の現場の足場が倒壊し、あやうく死にかねない場所から転落しましたが、かすり傷を負っただけで無事でした。倒れたまま息をしようとしていると、誰かが駆け寄って来て耳元で医者の声を録音したテープレコーダーを回しているかのように、「仕事を変えなければ、長くは生きられない」と聞こえたのです。そのままその現場には二度と戻ることはありませんでした。

私の信念は大きく変わってゆきました。教会で教えこまれたことの多くは真実ではないはっきりとした証拠を見つけたのです。祭服を纏った司祭、聖職者、牧師の男女達は、人生や死とは何かをまったく理解してはいません。

偉大なる計画があり、誰もがその役割の一部を果たしているのです。役割の1つ1つが別の役割と同じくらい重要であると私は信じています。コンビニで働く女性より、自分の役割や地位がずっと大事だと考えるのは、自分勝手な考えにすぎません。自分もそんな考えの一人でした。

体験に含まれていたもの: 地球外の存在

宗教以外の地球上での生活について:

臨死体験後、人生に起こった変化: 大きく変わった

体験後、どの様な変化があなたの人生にありましたか? 質問21に加えて、今ではもっと落ち着きのある暮らしをしています。家族と過ごす時間も増えました。

その体験が原因で変わった人間関係はありますか? 質問21を参照してください。

臨死体験後:

その体験が原因で転職しましたか? 転職した

その体験が原因で特別な能力が備わりましたか? 霊感、ヒーリングや超能力が高まった

その体験が原因で感情に変化はありますか? 家族、友人や社会に対する考え方

その体験が原因で死に対する恐怖心に変化はありますか? 死に対する考え

その体験が原因で生きる意味に対して変化はありますか? S生きる意味を感じる様になった

その体験は言葉では表しにくいですか? はい 我々には体験を説明できるような言葉がありません。そのほとんどは印象や非言語であるためです。

体験後、以前はなかった超能力などの特別な能力を得ましたか? 分からない 質問18を参照してください。

あなたの体験の中であなたにとって得に重要な出来事はありますか? 一番すばらしかったのは、最初の妻に会え、わだかまりが解けたことです。最も残念なのは、その時の会話を思い出せないことです。

体験の事を周りの人に話しましたか? はい 現在の妻は私の話を信じてくれます。ですが、彼女の宗教観とは大きく違うため、その話をするのははばかられます。

家族以外で私の体験を知っている少数の人たちは、私がドラッグでもやっていると思っています。なので、あまりその話をすることはありません。

一つだけ例外があり、それは時々仕事を一緒にするレポーターです。彼女も10代の頃に臨死体験をしており、お互いに詳しく話し合いました。もう一つの例外は、信じられないかもしれませんが、私の医者です。

体験後、その体験の一部を再現するような出来事などはありましたか? いいえ