二アデス エクスペリエンス リサーチ ファウンデーション
Near Death Experience
R
esearch Foundation


NDERF は世界一のNDE(臨死体験:二アデス・エクスペリエンス) 体験談データベースです。
是非あなたの体験談もお聞かせ下さい(このリンクをクリック)... . . .

ありがとうございます! 

 

 

現在のNDEあなたのNDEを語るソウルメイトフォーラム言語メニュー書籍レビューマルチメディア

                みんなの広場

完全サイトマップ (Japanese)
完全サイトマップ (English)
メディア情報
NDERF とは? (旧ホームページ)
あなたのNDEを語る
言語メニュー
現実とは?
NDEは宗教的体験?
アメリカのNDEの数は?
我々の存在する意味は?
ライフレビューとは?
向こうの世界には誰がいる?
ソウルメイトの意味は?
私たちのどの部分が死後も残る?
NDEの最中に四次元����見る?
NDEは特別な癒しの効果がある?
死後のコミュニケーション, ADCRF

NDE or ADC, OBERF以外のその他

今日はどのNDE
 体験談を見ようか?
   
 (リンクをクリックしてランダムな体験談を見る) しばらく時間が掛かるかもしれません。

  最新のNDE
二週間ごとにアップデートリンクをクリック

 最新の文章:

知識の声 ドンミゲルルイズ著 1/15/05
ヴァンロメルの懐疑論者への返答
ブライス・グレイソン インタビュー 9/2004

キャサリン・ドーティー:  別れは結婚前に予測できる
ベンジャミン・リンズマイヤー, リサーチ:
 
NDEの発生と原因
 
NDEに対する心構え
 グレッグ・ストーン:
 
木の下
 
訂正された死と批判された生

  その他のNDE:

完全サイトマップ

   過去のNDE(2006 上半期)
   過去のNDE(2005下半期)
   過去のNDE(2005 上半期)
   過去のNDE(2004下半期)
  
過去のNDE(2004 上半期)
 
  過去のNDE (2003)
 
  過去のNDE(2002下半期)
  
過去のNDE(2002上半期)
  
過去のNDE (1998-2001)


各国の翻訳ボランティア募集!  
ジョディーまでご連絡を     THANKS!

  
何をお探しでしょうか? 
 (
下のボタンやリンクをクリック)

NDERFの外国語版:

임사체험
瀕死經驗研究基金
接近死亡研究基金
Ricerca sulle esperienze di pre-morte
Nahtoderfahrungen (TNE)
Bijna Dood Ervaring (BDE)
مؤسسة أبحاث تجربة الإقتراب منالموت
二アデス エクスペリエンス リサーチ ファウンデーション
Nära-dödenupplevelsen (NDU)
Ölüm Anındaki Deneyim (ÖAD)
Experiência de Quase Morte (EQM)
PrzeŻycia Z Pogranicza ŚmierciI
Организация Исследования Около Смертных Переживаний
состояние, близкое к смерти (СБС)
l’expérience de mort imminente (EMI)
HalÁlkÖzeli Élmenyek KutatÁsi AlapÍtvÁny
De las Experiencia Cercana a la Muerte (ECM)
Tổ Chức Nghiên Cưú Về Kinh Nghiệm Cận Chết
Near Death Experience Research Foundation หรือมูลนิธิแห่งการวิจัยด้านประสบการณ์ใกล้ตาย

 一般情報
メディア情報
特別なNDE

 
   ジョディーの部屋
 
  ジェフの部屋
    ジョン・プライス師
 
  懐疑者の部屋
    いい気持ちページ

NDERFにコンタクト
NDERFをサーチ

翻訳者
オーディオ
リサーチの概観
NDE の本をレビュー
詩のページ
IANDS 2003
I
イスラム教から見た NDE
ヒンデュー教 の懐疑論

バグダット Gita とマネージメント

NDE FAQ’s (よくある質問)

NDE メディア情報とイベント
NDERF リンク
NDERFについて
宗教的文章の引用
スペイン語図書館
ボランティア


NDE- 臨死体験者の言葉  


インターネットブラウザーのリフレッシュボタンを押すと新しい言葉が出ます。この文章の完全版を読みたい方は次のリンクに行き体験番号をお探しください 過去のNDE 2003 (#354-197), 過去のNDE 2002下半期 (#196-139), 過去のNDE2002 上半期 (#168-89), 過去のNDE 1998-2001 (#88-1)

"あなたの体験を語ることが混沌の中から平和を導き出す"
 
 - ビル・ヴァンダーブッシュ マルチメディア インタビュー (Click the Link)

ヨルダンハシミテのフセイン国王:  "Leap of Faith," Queen Noor, Miramax Books, Hyperion, New York, NY, pp 235-236. この本のレビューを御覧になりたい方はここをクリック

彼は不整脈にかかっており、1970年代は血液を薄める薬を服用していました。彼の不整脈は命にかかわるものではなかったのですが、この薬が大変な自体を引き起こしました。

1984年一月彼はこの薬によって生命の危機にさらされました 私がアクアバで客人とフセインがアマンから訪れるのを待っていたその時、夫が危篤状態にあるという緊急電話が入りました。 すぐにアマンに飛んでみるとフセインは出血多量で生死を彷徨っていました。 彼が弟のハッサン王子とダイワンからアル・ナダワに歩いていた途中、急に鼻血が出てしまい、服用していた薬のせいで出血が止まらなくなったそうです 医者が到着した時にはフセインの顔はチョークのように真っ白だったそうです。彼が意識を失った時、宮廷の医者が脈がない事を確認しました。私の夫はその時死んだのです。

私が着いた時には彼は安定した状態にありました。  後から彼は私に "痛みはなく、不安もなかった"と言っていました。さらに彼は、"私は自由になり、自分の体の上に浮いていた。心地よい感じだったよと自分の臨死体験を語りました。彼は明るい光を見てリラックスした気分になったが、自分は戻らなければと自分に言い聞かせていたと言います。そして医者の適切な処置のおかげで帰ってきたのです。

シャーマーへの返答, 臨死体験の医学的根拠, by ピムヴァンロメル博士  2003年の三月に発刊されたサイエンティフィック・アメリカンに掲載された記事でマイケル・シャーマーはザ・ランセットという医学雑誌で発表されたピムヴァンロメル博士の研究を引用しています。彼は、この研究が脳と精神が分離する可能性を否定するものだと説明しています。しかし、この研究はそれとは正反対     の可能性を示唆するもので、臨死体験が脳死の状態で起こっていることを証明する研究でした。カナディアン・ディスカバリー・チャンネルのジェイ・イングラムが言った様に: "彼がこの研究を引用して自分の見解を支持するのは馬鹿げている。彼は、この研究について自分は違う見解を抱いていると言う事も出来たが、そうしなかった。 非常に残念です。" (トロント・スター、2003年3月16日)。これは、ピムヴァンロメル博士がマイケル・シャーマーが誤解した研究の説明です。



最新の体験談

45.  ジェームスの臨死体験  7/18/1999  NDE 110   (原文:英語、翻訳 by Max)    自殺未遂による臨死体験。

44.  サミーの臨死体験  7/18/1999  NDE 109   (原文:英語、翻訳 by Max)    NDE following cardiac arrest.

グレッグの臨死体験 7/5/1999 NDE 101 (原文:英語、翻訳 by Max)  自動車事故による臨死体験。

41.  レイチェルの臨死体験 6/18/1999 Probable NDE 101 (原文:英語、翻訳 by Max)  看護師の臨死体験.

40.5. ブライアン B の臨死体験 1/13/1999 臨死体験 92 (原文:英語、翻訳 by Max) 心肺停止によって引き起こされたとみられる臨死体験。

40.  ガイの臨死体験  6/7/1999  NDE 95   (原文:英語、翻訳 by Max)    集中治療室での臨死体験。 イエス・キリストとの遭遇。

3934. 克洋 エクスペリエンス  4/28/1999  FDE 7654    日本から(オリジナル:日本、マックスによって英語に翻訳)  「ブーン」というパンチの風を切る音が大きく感じられ、その後目の前の速度が遅く見え、体が急に楽になったと感じた一瞬の事、天井から二人の戦う姿が見えた気がした。
ボクシングの間にスパーリングから死の経験(FDE)を恐れている

924. アニタ Moorjani の NDE.  8/21/06  香港から 私はこの時、自分の周りで何が起きているのか全て把握できていたので、意識のある状態とない状態をさまよっているのだとばかり思っていました。けれど後になって、ずっと昏睡状態にあったことを家族や医師たちから知らされました。病室を出て約12メートル行った廊下で話している夫と医師たちが見え、会話も聞こえました。後にこのとき見聞きした会話が実際のものと相違がなかったことを、この事実に驚く夫と確認しています。それから私は“境界を越え”別の次元にいくと、そこでは完璧な無条件の愛に包み込まれたような感覚がありました。私はまた、なぜがんになったのか、なぜそもそもこの世に生まれて来たのか、物���の壮大なる計画の中で家族一人一人が私の人生でどんな役割を果たしてきたのか、そして人生がどのように動いているのかということを究極の鮮明さで理解するという経験もしました。この時の鮮明さと理解したことを言葉で表現するのは、ほとんど不可能です。この3次元の世界にいる私たちには想像もつかないことが一体どれだけあるかということを理解できる場所にいたのですから、その経験を言葉で表すには限界があるように思います。私は人生がどんなに素晴らしい贈り物であるかを悟り、そして愛にあふれた霊的存在に囲まれていたこと、その存在たちはたとえ私が気づいていなくても、いつもそばにいてくれたことを知ったのです。
ホジキンリンパ腫(リンパ系の悪性腫瘍)により死に至りかけた例外的なNDE。香港、西洋以外のNDEは比較的まれ、その中でもこのNDEは最も詳細。並外れた洞察力とNDEに関連付けられた明らかな奇跡的癒し。 NDERF INTERVIEW - 1/25/07  Interview with Anita M by Rio Cruz    

62 クーガーの臨死体験. 3/1/01.  "私は一つの表面的な体験と二つの深い体験をしました。私は天国にも地獄にも行き、自分の体験の二分法を解決しました。."
 三つの臨死体験(天国と地獄)とその驚くべき影響。

47.  リサのNDEマルチメディア(英語) 3/5/00.  "光の人物は私の使命は愛についてもっと学び、地球でそれをどの様に表現するかを探り、周りの人を出来る限り助けることだと思い出させてくれました。 これは私が選んだ使命なのです。 そしてすぐに光の世界に戻ってこれると言われました。 現実には時間はなく、あるのは永遠だけなのだから。
歳にして超絶的な臨死体験。素晴らしい!

38.  ハロルドの臨死体験  5/25/1999  NDE 87   (原文:英語、翻訳 by Max)    
その後の人生を左右する情報を得た臨死体験。

37.  ローズマリー J の臨死体験  5/12/1999  NDE 79   (原文:英語、翻訳 by Max)   幼少期の臨死体験 (12). 

36.  Pul J の臨死体験  5/11/1999  NDE 78    (原文:英語、翻訳 by Max)    
予言を含む臨死体験

35.  Dの臨死体験  5/11/1999  NDE 81   (原文:英語、翻訳 by Max)    
検証可能な事象を持つ不可思議な臨死体験

34.  レナのADC  2/17/1999  ADC 10060  (原文:英語、翻訳 by Max)    彼がやって来�����、「愛しているよ。今は一緒にいれないけれど、いつか一緒にいられる日がくるんだ。」と私に告げました。
ADC (After Death Communication(死後の世界との交信))。臨死体験を含む一連の体験。 

33.  パティの臨死体験  4/2/2000  NDE 10017  (原文:英語、翻訳 by Max)    「魂が肉体を離れるとすぐに、一筋の白っぽい光が部屋を照らし、金の縁取りのある白い衣を着た長い黒髪の女性が現れました。彼女は私に向かって腕を伸ばし、一緒に光と共にあの世へ行くか、地上の肉体に戻るかの選択肢を与えてくれました。非常に美しく心安らぐ体験をしていたので、彼女と行こうかと考えました。また、光に包まれ痛みも全く感じませんでした。」
出産時の臨死体験。  







インデックス (Index, Japanese)
NDERF (English)



   Near Death Experience Research Foundation   
Copyright © 1998-2016 Experience Research Foundation (NDERF) All rights reserved.