NDERF Home Page 現在のNDE あなたのNDEを語る

ガイの臨死体験


体験の説明:

私は命を落としました。死亡したのです。その時、私は集中治療室にいました。医療関係者が私を救おうとしてくれましたが、それでも私は死んでしまったのです。死というものは、思ったほど悪くはありませんでした。イエス・キリストがそこにいらっしゃったのです。彼と私は谷底の先にある地獄のような場所を上から眺めていて、それは子供の頃に橋の上から下を流れる川を見ていた時のことを思い出させました。何も怖がることはなく、ただその光景をじっと眺めていました。キリストは愛情をこめて私の肩を抱き寄せました。その時お互いに見つめ合っていたような気がしますが、良くは覚えていません。私にとって大事な体験なので思い出したくて仕方ないのですが、さっきも言ったように薬を投与されていたせいで、すべてを思い出すことができないのです。それでも、私があの場所にいたのは本当です!死亡したのも本当です。自分の身体に再び戻り目覚めた時に感じた悲しみといったら。悲しいなんて言葉では表現できやしません。神と一つとなり自由を手に入れたのに、またこの世に引き戻されたのですから。

概要:

性別:    男性

臨死体験をした日付:19982

体験時、命に関わる出来事がありましたか?    はい   病気  肺炎

肺炎で3度命を落としました。呼吸も、脈拍も、3度停止したのです。

臨死体験詳細:

臨死体験中その出来事をどの様に感じましたか?     不快

経験に影響を与えた可能性のある薬や薬はありますか?   分からない   はっきりとはしません。どんな薬が投与されたのかは知りません。看護師や医師が薬品名を口にしたり、私に投与しているのを見て聞いていましたが、どんな薬だったのか詳しいことは分かりません。実際、私の魂は肉体を離れていたので、薬の効果を感じることができなかったので、投与された薬が何であったかは関係ありません。その時私が体験していたことや、どこにいたかは、薬によって引き起こされたものではありません。

経験はどのような方法で夢のようでしたか?   いいえ、夢のようではありませんでした。現実そのものでした。

意識が身体を離れる体験をしましたか?   分からない   何と言っていいか分かりませんが、「本来の自分になれた」ように思います。医師や看護師が私を助けるために最善を尽くしてくれていたのは分かっていましたが、その時点で私の魂はICUからずっと遠いところにいたのです。ここよりもっともっと素晴らしい場所にです。医療関係者の方々には本当に感謝していますが、あの場所はここよりももっと素晴らしい場所でした。

体験中に一番意識がハッキリしていたのはどの場面ですか?     意識はハッキリしていました。肉体を離れるまで、痛みも感じれば、皆が私の命を救ってくれているのも分かっていました。この世よりもあの世の方が素晴らしい場所であることを、はっきりと言えます。

思考が速まりましたか?時間の流れが速まった、または遅くなったりしましたか?   すべてが同時に起こっている様だった時間が止まる、または時間の概念がなくなる  

聴覚は正常からどのような方法が異なりましたか?   集中治療室での出来事は聞こえていました。医療関係者の私を心配する声も聞こえていました。それから一瞬のうちに、別の場所に私はいたのです。暖かく、優しい感じのするその場所をとても気に入りました。神もそこにおり、本当に素晴らしい場所でした。

超能力のように周囲の出来事が感じ取れましたか?   あの場所のことを信じてくれる人は誰もいません。医師は私が3度死亡したことを証明してくれましたが、私がその時別の場所に行っていたことを信じてくれはしませんでした。

トンネル、またはそれに近いものを通りましたか?   分からない  「壁」のようなところを通り抜けましたが、多くの人が口にするようなトンネルとか光の筒ではなく、「壁」のようなものでした。私は「この世」から「あの世」へ移動したのです。自分でもあそこが「どこ」なのか分かりませんが、とても素敵な場所だったので、あの場所にもういないと分かったときは腹が立ち、いまでも憤りを感じています。

死去した(または生存している)人物に出会いましたか?     はい     そこにはイエス・キリストがいらっしゃいました。愛情に満ちた彼は、私を抱きしめてくれました。神は本当に実在するのです。神の存在はそれまでも信じていましたが、今では心の底から信じています。

体験に含まれていたもの:    空虚

体験に含まれていたもの:    

地球のものとは思えない光を見ましたか?     分からない  先ほどの回答をご覧ください

地球以外の世界に行きましたか?    あきらかに地球とは違う世界・次元

体験に含まれていたもの:   強い感情

体験中どんな感情を経験しましたか?     感情ですか?宇宙を表現しようとしてみてください。それが私が感じたことです。言葉では説明できません。

体験に含まれていたもの:    特別な知識・認識

すべてを悟りましたか?     宇宙のことを悟った  

体験に含まれていたもの:   未来の先見

体験に含まれていたもの:   境界線

境界線や壁・仕切りのようなものを見ましたか?     はい     集中治療室で死亡してから、「あの世」へと移動しました。上手く言葉にできませんが、そこは素晴らしいところで、暖かみがあり、あちらにいると、こちらの世界には戻ってきたくはありませんでした。

境界線のようなところまで行きましたか?   超える事を許されなかった境界線;強制的に現世に戻された   戻ってきたくはなかったのに、戻されたのです。あそこにいたかったです。生きることは楽ではありません。神と一緒にいることは、素晴らしいことです。

神、スピリチュアル、宗教:

体験前、どの宗教を信仰していましたか?     分からない   

 

現在、どの宗教を信仰していますか?     保守派/原理主義者     

その体験が原因で変わった価値観や信念はありますか?    はい    今では別人になったみたいです。死を体験する前はどうでもよいと思っていたことが、本当は大切なのだと実感しています。今いる世界が今まで知っていた世界とは違った風に感じられます。

体験に含まれていたもの:   地球外の存在

宗教以外の地球上での生活について:

臨死体験後、人生に起こった変化:     大きな変化があった

体験後、どの様な変化があなたの人生にありましたか?   今では家族とのつながりを感じることができずにいるため、妻との離婚は避けられなくなっています。自分の体験やあの世のことを信じてくれない人達と暮らすことはできません。今まで重要だと思っていたことが、無意味に思えてくるのです。人との繋がりが大切で、物に価値はありません。妻は今でも「物欲」のかたまりで、私にはそんな生活はごめんです。

その体験が原因で変わった人間関係はありますか?   今では別人のようになって、性格もすっかり変わりました。もうこの世に居場所はないと感じています。今までのように妻を愛せませんし、側にいることさえも難しく感じています。彼女はこの世のことにしか目をくれず、死後のことは考えてもいません。もう私たちには共有できるものが全くなくなってしまったのです。

臨死体験後

その体験が原因で特別な能力が備わりましたか?     霊感、ヒーリングパワーや超能力が高まった

その体験が原因で感情に変化はありますか?     家族、友人、社会に対する考え方

その体験が原因で死に対する恐怖心に変化はありますか?     死に対する考え方

その体験は言葉では表しにくいですか?     はい     臨死体験をした人でなければ、私の行った場所のことを理解してはくれないでしょう。家族に何度も説明しても、無駄でした。誰にもあの場所のことを理解してもらえず、孤独を感じています。分かってもらうことは出来ないのでしょうか?きっとそんなことはないと思います。うまく説明できる言葉が見つからないだけなのだと思います。

体験後、以前はなかった超能力などの特別な能力を得ましたか?     いいえ    

あなたの体験の中であなたにとって得に重要な出来事はありますか?    一番大変なのは、疎外感に悩まされることです。

体験の事を周りの人に話しましたか?     はい     誰も信じてはくれません。薬の幻覚だとみんな片付けてしまいますが、私にはちゃんと分かっているのです。この世の先にイエス・キリストのいる世界があることを。人生はこれがすべてではなく、もっとたくさんのことが待ち受けているのです。あの世に行ったことがない人に話をしても理解はしてもらえないでしょう。頭がどうにかしたと思われるかもしてませんが、そんなことはないのです。

体験後、その体験の一部を再現するような出来事などはありましたか?     いいえ